時間に終われてばかりの残念な休日

時間に終われてばかりの残念な休日

今日は休日。でも大忙しの1日となってしまいました。本来は午前中にショッピングモールで買い物をした後、友人宅で食事会の予定だったのですが、買い物に行く途中に一度家に帰らなくてはいけなくなってしまったため、時間が押しに押してしまい、尻カッチンとなってしまったのです。

自宅を出発し、私はショッピングモールに向けてクルマを走らせていました。久しぶりの楽器ショップとアウトドアショップでの買い物にわくわくしていました。先月から買おうと予定していたギターのエフェクターとキャンプ用のテントを物色できるからです。

クルマを走らせること45分。モールまであと10分足らずというところで私は、「自室の部屋の窓を開けっ放しだ!」ということに気がつきました。私は一瞬どうしようか悩んだ末、引き返し走りました。

実は以前、窓を開けっ放しにしていたことが災いして、雨でベッドがびしょびしょになってしまったことがありました。今日の降水確率は40%。微妙ですが振るかも知れません。

しかし、雨よりももっと懸念すべき状況を私は心配していました。それは開いている窓から野良猫が侵入して部屋を荒らしてしまうことです。

私の部屋は2階なのですが、野良猫は屋根まで普通に登ってきて部屋の窓まで容易にたどり着いてしまいます。そして窓が開いていようものなら、爪で網戸を器用に開け、中に進入するのです。進入した野良猫は、あちこちを傷つけたりします。食べ物があればそれを食い散らかしてしまいます。

何度か進入を許してしまい、被害を被っては気をつけるようにしてはいるのですが、今回のようにたまに忘れてしまうこともあります。そして野良猫はそれを狙っていたかのように、進入しようとしてくるのです。

急いで帰宅して自室を確かめると、野良猫の侵入痕跡はありませんでした。良かったです。

戸締りをしっかり確認し、ショッピングモールに再出発…… したのですが、大渋滞。ちょうどモールへと向かう車が大量に押し寄せる時間帯に合ってしまったようです。おまけに外は雨が降り出しました。気分も滅入りはじめました。

モールに着いたのは、予定よりも2時間半も遅くなってしまいました。そのため、友人宅へ行かなければいけない時間が差し迫ってしまい、買い物に費やせる時間は30分くらいしかありませんでした。

そんなちょっぴりの時間では良い買い物なんてできやしません。結局買う予定だったエフェクターもテントも買えませんでした。本来であればたっぷり時間を有して物色、購入するつもりでしたのに。

そして結局モールでその他の適当な買い物を済ませて友人宅へ向かいました。ところがその途中も大渋滞。どうやらサンデードライバーが事故を起こしてしまったようでした。事故の内容は私が見た限りではいわゆる「オカマを掘った」という感じでした。

それで友人宅に到着も遅れてしまい、休日なのに焦ってばかりの1日となってしまいました。まったく、不幸というものは重なるものですね。

ま、最後は楽しく過ごせたので良かったですけどね。

スイフトスポーツ新型インプレッサ

久喜菖蒲公園でピクニック

今日は埼玉県の久喜菖蒲公園まで、家族全員でピクニックに行ってきました。お弁当を食べ、サイクリングをしたり、ボートに乗ったりと楽しく過ごせました。

久喜菖蒲公園は、工業団地内に設けられた大きな人口池を囲むようにつくられた公園で、池の周りには芝生や木々といった自然が占めています。池岸にはウッドデッキがあり、そこからの眺めも素敵です。

特別大きな特徴ある観光スポットというわけではない場所ですが、しいていえば、約2500mもの外周ジョギングコースと東京ドーム6.7個分をも誇る池の面積など、とても広いのが特徴といえるでしょう。

池を囲むように桜の木がたくさん植えられていることから、春にはたくさんのピンク色の花が咲いてとても綺麗だそうです。まだ見たことは無いので、来年の春はぜひこちらでお花見でもと考えています。

この公園を知ったのは、会社の同僚からの情報でした。「家族でピクニックするなら最適の場所があるよ」と勧められたのが、この久喜菖蒲公園だったというわけです。同僚の情報どおり、たくさんの家族が休日を楽しんでいました。でも、面積が広いので窮屈感は無く、非常にのんびりまったりすることができました。

ついた早々私たちは、芝生エリアでお弁当を広げて食べました。周りには緑がたくさん。目の前には人工池とはいえ大きな水場。最高のロケーションでお弁当の美味しさは一層増しました。

お弁当を食べた後は、食後の運動もかねて小学生の息子と一緒にジョギングコースを歩いてまわりました。妻と下の娘は売店で買ったクレープをウッドデッキで食べて待ってました。

ジョギングコースを歩いていると釣り人がたくさん目に付きました。何が釣れるのかと歩きながら釣り人を観察したのですが、釣れている人は1人もいませんでした。まぁ、釣りってそんなものですよね(笑)

あと、公園内のゴミの少なさに感動しました。釣り人が多く、ピクニック客も多いとゴミも多くなりがちなのですが、そんなことはありませんでした。管理している人がしっかりしている証拠でしょう。歩いている途中、管理人さんと何度かすれ違い、ゴミ箱の清掃やゴミ拾いをしていましたから。

コース1周して、妻と娘のいるウッドデッキに戻ってきたら、ちょっぴり疲れてしまいました。1周2500mですからね、なかなか歩き応えのある距離でした。

ところが息子は元気。自転車をかりてもう1周行こうとせがんだので、間髪いれず、またコースに戻りました。

サイクリングを終えたら家族全員でボートです。足漕ぎボートだったのですが、これもまた思っているほど楽ではありません。もう私はくたくた。

でも、ボートから間近で見た噴水の景色はとっても綺麗でした。それを見た妻も子どもも嬉しそうな顔でした。その2つで私の心は癒されました。体は疲れたままでしたけれども(笑)

家庭用脱毛器