服を全然買わなくなってしまった

服を全然買わなくなってしまった

最近服を全然買っていません。もともと一度買った服は破れたり穴が空いたりしない限りは使用し続ける人間ですので、そうそう服を買うことはありません。ですが、2年も新しい服を一着も買っていないのは、自分でも「やばいかな?」と感じてしまいます。

下着なんかちゃんと定期的に買っています。でも、上に着るものは本当に買っていません。

服を買わない理由は、忙しくて格好を気にしている余裕がないというのが大きいです。今のように忙しい生活になってから、つまり服を買わなくなってからは、自らの意志で旅行に行ったり、遠くに遊びに行くなんてことは1度もありません。休日に出かけるとしたら街中をふらっと程度です。なので格好にも妥協しはじめてしまい、服を買わなくなってしまったのです。

困るのが、家族や友人に誘われてどこかに出かけなければいけなくなってしまった時です。以前、家の家族と友人家族と一緒にディズニーシーに行ったのですが、その際私は仕事着(ツナギ)で行きました。大いに笑われました。まぁ、ネタ的な意味で仕事着で行ったというのもあるんですけどね(笑)

こういう考えはあまり好きではありませんが、やはり世間の目的な意味でも、ある程度定期的に服を買うことは必要なのだなと、ひしひしと感じています。自分はまだ良いとしても、一緒にいる人がボロボロの服を着ていたりセンスが無かったりすると恥をかかせてしまいますからね(汗)

しかし、「次の休みにでも服を買いに行こう!」と思ってもいざ休みが来て福を見にいっても、いまいち自分の感性に合う服が見つからないんですよね。そして値段も安くないものですから、結局渋って妻や子どもの服だけ買っておしまいです。

「試しに買えばいいじゃない?」と妻は言うのですが、私だって過去にそれなりにいろんな服を着てきた人間です。どれが自分に合ってどれが合わないかくらいは分かります。買わないというのは合ったものが無いという事なのです。

では私は、どんな服が自分に一番似合っていると思っているかというと、Tシャツ&デニムスタイルです。Tシャツはアンビルと言うTシャツメーカーのもので、定期的に購入している下着用Tシャツ。デニムはエドウィン。これだけで十分なのです。自分の服装を遡ってみると2年前からずっとこんな感じです。

そんなわけですから、新たに服を買うといっても、特に買いたいようなものが見つからないわけです。今更流行りにあわせたファッションや大人っぽいカジュアルな服装に挑戦するのも億劫ですし、自分に似合うとも思えません…… 結局、このままのラフなスタイルで服はずっと買いそうにありません。

プリウスアルファ

チョークで地面にお絵かき

この間、子どたちがチョークで地面に落書きをしているのを目にしました。「あぁ、懐かしいなぁ」と、思いましたが私の記憶ではチョークで落書きなんかしたことは一度もありませんでした(笑) でも、ああいう光景を目撃すると懐かしいと条件反射的に感じてしまいますよね。歳をとったのかなぁ、しみじみ。

私の感傷はさておき、そんな光景を目撃した私は、うちの娘にもチョークを与えて自宅の駐車場にでも落書きさせてあげようと思い立ちました。お絵かきが大好きな子なのできっと楽しんでくれるはずです。

いろいろ雑貨店を巡ったのですがなかなかチョークは売っておらず、探すのに苦労しました。最終的に見つけたのは近所の商店街にある老舗の文房具屋さんでした。このお店にはチョーク以外にもいろいろ懐かしい品が売っていたのですが、それをお話していては長くなってしまうので、諦めましょう。

色とりどりのチョークを購入して小学1年生の娘にプレゼントしたところ、喜んでくれました。「なんだっけこれ、えーっと……」と名前はうろ覚えだったようですが、もの自体は学校で見て手にしていたので知っていました。

まだ夕暮れ時だったので、娘を連れて自宅の駐車場で落書きさせてあげました。娘はポケモンが大好きなので、たくさんのポケモンをスラスラとかいていました。

懐かしいですね、ポケモン。私は赤と緑、つまり初期だけシリーズだけは子どものころにやったことがあります。面白かったです。私は赤を買って相当やりこんだ記憶があります。今では名前はうろ覚えになってしまいましたが、当時は150匹を全部暗記していました。鳴き声でも全匹当てられましたよ。

そんな大好きだったゲームが今でも続編として登場しており、次の世代も私の頃と同じように楽しんでいるのを見ると、なんだか感動ものですね。いやぁ、涙がでそうです(涙もろくなったなぁ)。

私も娘と並んでポケモンをかきはじめました。昔好きだった「フシギダネ」「ヒトカゲ」「ゲンガー」あたりのポケモンは昔何度も描いていたお陰で娘にも「パパ上手い!」と好評でした。

続いて娘が描いてと言うポケモンに次々挑戦したのですが、他はダメダメでした(笑) 似てなさすぎて大笑いされてしまいました。というか、初期以降のポケモンはさっぱり分かりませんでした。随分増えたんですねぇ。

何だかんだで日が沈みきるまで1時間くらいチョークでお絵かきしていました。終えたころには駐車場のキャンパスいっぱいのポケモンでした。

写真に収めておこうと思ったのですが、暗くなってしまったので次の日に撮ることにしました。ところが、次の日は朝から大雨でキャンパスのポケモンはみんなきれいさっぱり流されてしまいました。娘も大泣きでした。

「次は明るいうちにお絵かきして写真撮ろうね」

慰めても、なかなか泣き止んでくれなくて大変でした。

脱毛新宿